競技ルール

競技ルール

競技かるたを行う上で必要なルールやマナーについてまとめました。

基本ルール

競技かるたの基本は、陣取りゲームのようなものです。小倉百人一首の下の句が書かれた札を取り合い、先に持ち札を0(ゼロ)にした方の勝ちです。

  • 1対1で行われる
  • 小倉百人一首の下の句が書かれた札(取札)を用いる
  • 互いに25枚ずつの札を持ち札とする
  • 読手によって一首ずつ歌が読み上げられる
  • 読手によって読まれた歌に対応する取札を取り合う
  • 自分の持ち札を先に0(ゼロ)にした者が勝者となる

試合の流れ

競技かるたの試合は、「礼」に始まり「礼」に終わるのが基本です。対戦形式のため相手に勝利することが目的とはなりますが、勝負以前に礼節を重んじ、相手への敬意を忘れないようにしてください。

競技かるたは、スポーツであると同時に千年前の和歌を未来へと継承していく「伝統文化」でもあることを認識してください。

それでは、実際の試合の流れに沿いながら、覚えておくべきルールについて説明していきます。

試合は、お互いに向き合った形で行われます。席に着いたら、互いに「よろしくお願いします」と礼をしてあいさつを交わしましょう。

札の分配

札の分配

以下の手順で互いに25枚ずつの札を持ち札とします。

  • 箱から100枚全ての札を取り出す
  • 札を裏返したままバラバラになるように混ぜる
  • 互いに25枚ずつ無作為に選ぶ
  • 残った50枚の札を箱に戻す
  • (※札を選ぶ際は、数え易いように5枚ずつの束にしておく)
  • (※大会などでは、あらかじめ50枚の札が準備されていることが一般的である:互いに25枚ずつ選ぶ点は同じ)

札の配置

札の配置

持ち札の全てを、競技線の範囲内に表向きに並べます。

  • 札は競技線(幅:87cm、高さ:札3段分)の範囲内に並べる
  • 競技線内であり、段を守っていれば、札の配置は自由
  • 自分の陣地を「自陣」、相手の陣地を「相手陣または敵陣」と呼ぶ
  • 並び終えたら札の枚数を数え、どちらの陣も25枚ちょうどであることを確認する
  • (※一般的には、陣の中央を空け、左右に分けて並べることが多い)
  • (※枚数が間違っていた場合には、他者(審判または周囲の方)に報告し、ちょうど25枚となるように調整してもらう:本人または対戦相手が調整すると、得意・不得意な札を選ぶ可能性があるため、他人に依頼する)

暗記時間

暗記時間

札を並び終えた頃合いを見計らって、15分間の暗記時間(札を覚える時間)が設けられます。この15分間に、両方の陣にある札を確認し、札の位置を正確に暗記しましょう。

初心者の頃は、そもそも札を見ても上の句をすぐに思い出せないため、札の位置まで把握することは難しいかもしれません。それでも、好きな札だけでも構いませんので、しっかりと暗記するように心がけてください。そうやって少しずつ暗記できる枚数を増やしていくと、いつの間にか全ての札を暗記できるようになっていることでしょう。

なお、暗記時間は他者の暗記を邪魔するような行動が禁止されていますので、「大げさな動作」を行ったり、「声」や「音」を出すような行動は、絶対にしてはいけません。準備運動など他者の邪魔になるような行動は、一度席を外して会場の外で行ってください。(※席を離れる際は、「失礼します」と相手に一礼しましょう。)

暗記時間が終わる2分前になると、「2分前」の合図があります。この合図で「素振り」が解禁されますので、遠慮なく素振りをしてください。

試合開始

試合開始

暗記時間が終わると、いよいよ試合開始です。互いに礼をし、読手にも礼をします。

読手は、最初に序歌と呼ばれる小倉百人一首とは関係のない歌を読み上げます。序歌に続いて一首目の上の句が読まれますので、序歌の間に呼吸を整え、構えを決めて、一首目の読みに集中しましょう。

試合中

読手によって読み上げられる札(歌)は、試合ごとに順番が異なります。つまり、次に読まれる札が何か分からないため、どの札が読まれても対応できるように、札の暗記や体の動かし方などを何度も確認しましょう。

また、決まり字(「決まり字」を覚えることが始めの一歩!)と呼ばれる上の句の最初の数文字を聞き逃さないように全神経を集中し、一言一句漏らさずに聴き取ることが大切です。

なお、前の札の下の句が読まれ始めたら、素振りはもちろんのこと、くしゃみなども我慢し、絶対に音を出さないように気をつけましょう。

札を取る

競技かるたは、札を取り合う競技です。そのため、「札を取る」ことがどのような状態であるかということを明確にしておく必要があります。

  • 先に札に触る
    札に触る
  • 競技線の外に出す
    競技線の外に出す

始めたばかりの頃は、つい逆の手で取ってしまったり、札押しが不十分で出札が競技線の中に残っているにも関わらず取ったと思いこんだりするものです。初心者ということで大目にみてもらえることも多いでしょうが、大会への出場を目指すレベルになるとそうはいきません。無効な取り方をした場合は、いくら早く取っても「相手の取り」と判断されますので、普段からしっかりした取り方を意識しておきましょう。

大会への出場を目指している方は、全日本かるた協会の競技規定をしっかりと把握しておきましょう。

送り札

競技かるたは、先に自陣の札を0(ゼロ)にした方が勝ちです。しかし、札を取るのは自陣だけではなく相手陣から取ることもあります。相手陣の札を取るということは相手陣の札が減るということなので、そのままでは相手が有利になるだけです。そうならないように、相手陣の札を取った場合には、自陣から一枚選んで相手陣へ送ることができます。これを「送り札」と呼びます。

また、送り札は、「相手陣の札を取った時」だけではなく「相手がお手つきをした時」にも可能です。

なお、この送り札は、「相手に札を送る権利を得た」というだけのことであり、強制ではありません。よって、次の読みが始まると同時に送る権利がなくなります。つまり、読手が次の読みを始める前に送る必要があるのです。そのため、後述する挙手(挙手)を忘れないように気をつけてください。

お手つき

競技かるたでは、出札(読まれた札)のある陣であればどの札に触っても問題ありません。しかし、出札のない陣の札に触ると「お手つき」と判定されます。どちらかがお手つきをした場合、対戦相手は自陣の札を一枚送ることができます。そうなると、お手つきをした側の札が一枚増え、対戦相手の札が一枚減るため、実質二枚の差が開きます。一度や二度であれば問題ないでしょうが、何度もお手つきをしていると、どんどん相手陣の札が減り自陣の札が増えますので、なるべくお手つきしないように注意しましょう。

また、空札(どちらの陣にもない札)が読まれた時に両方の陣の札に触ると二重のお手つきとして、一度に二枚の札が送られます。

なお、お互いに同じ枚数のお手つきをした場合は「共お手」と呼び、互いに札を送ることはできません。

挙手

札を送る場合や並べなおしている場合など、次の読みに対応する準備ができていない時は、読手に読みを待ってもらう必要があります。その合図として「挙手」を行ってください。競技かるたでは、挙手が読手へ対する「待ってください」の合図です。

なお、手の挙げ方が不十分で、読手から見えないことが良くあります。挙手をするということは、読手に合図を送るということなので、読手に見えなければ何の意味もありません。挙手をする際は、手を真上へ真っすぐに伸ばし、なるべく手のひらを読手へ向けるようにしてください。

読手に気づいてもらえずに次の読みが始まってしまうと、送り札の権利がなくなります。せっかく相手陣の札を取っても、札を送れないまま試合が進んでしまっては、明らかな取り損となってしまいます。そのような状況に陥らないよう、はっきりと読手に見えるような挙手を心がけましょう。

勝敗

先に自陣の札を0(ゼロ)枚にした者が勝者です。

互いに「ありがとうございました」と礼をし、同じく読手にも礼をします。

※審判がついた場合は、相手・審判・読手の順に礼をします。

札の枚数確認

まずは、枚数差(最後まで残った札の枚数)を数えます。

※大会では、勝敗だけでなく枚数差も確認されますので、必ず数えてください。その後、使用した全ての札の枚数を数えます。

※互いの札を合わせて50枚になることを確認します。

※数え間違いのないように5枚ずつの束に分けて数えるのが一般的です。

数える際に、周りの試合が続いている場合は、読手の読みが止まっている間に数えてください。読手の読みが始まったら数えることを中断し、絶対に音を立てないように気をつけましょう。

なお、大会によっては、一番上に置く札が指定されることがありますので、事前に確認しておきましょう。

しつこいようですが、最後にもう一度だけ、お互いに礼をして席を立ちましょう。

※これはルールではなくマナーなので絶対ではありませんが、勝っても負けても礼儀を忘れずに、気持ちよく終わりましょう。

報告

大会であれば、勝者は札を持って決められた場所へ行き、勝利の報告を行いましょう。報告の際には枚数差を告げる必要がありますので、勝利した時の枚数差を必ず確認しておきましょう。

以上が、一般的な試合の流れです。

一般的なかるた会の練習であれば、細かい点は先輩方が優しく教えてくれると思いますので心配ありません。ここに記載したことを細かく覚える必要はなく、何となく雰囲気を感じていただく程度で問題ありません。

ただし、大会に出場する場合は別です。大会では、もっと細かいことまで決められた「競技規定」に従う必要がありますので、必ず公式サイトを確認し、そこに書かれた内容を理解してください。(全日本かるた協会の競技規定はこちら