素振り(基礎練習)

前回(素振りを利用して「札を取るイメージ」を体に染み込ませる)も「素振り」について説明しましたが、それは試合中に行う予行演習を意味するものでした。しかし、素振りの効果はそれだけではありません。どのような競技であっても同じですが、基礎練習というものは非常に大切であり、上達には欠かせない要素です。

今回は、そんな基礎練習としての素振りについて説明したいと思います。

素振りを繰り返し行うことで誰にも負けない速さを身につける

競技かるたでは、反応速度が重要なことは間違いありませんが、少々反応が遅れても相手より早く取ることが可能です。そのためには、相手を上回る速度で動くことです。もし、動き出しが少しばかり遅れたとしても、相手の手を追い越して、自分が先に札を触ればよいのです。

もちろん簡単なことではありませんが、努力次第で可能です。これは、「感じのよさ」といわれる才能に頼らず、自分自身の努力で身につけることができる技術なので、頑張れば誰もが習得できます。

では、どのような素振りを行いばよいのでしょうか?

前回(素振りを利用して「札を取るイメージ」を体に染み込ませる)、試合中に札を取るイメージで素振りをするように書きましたが、今回も基本は同じです。試合に役立たない素振りをしても意味がありません。実際に札を取る場面を想定しながら、相手陣下段の札を払ったり、自陣下段の札を払ったりと、どこに札があっても素早く払えるように何度も何度も素振りを繰り返してください。特に、「自陣下段の右端・左端」「相手陣下段の右端・左端」の四隅をしっかりと練習しましょう。

可能なら、札を並べて、実際に払ってみましょう。札なしで本当に素振りだけでも構いませんが、実際に札を払った方がより効果が出ます。

四隅の他にも、自陣・相手陣の上段を正確に払ったり、中段の札を札押しで全て払ったりと、実際の試合を想定して、必要となる取り方を繰り返し練習しましょう。

野球でもサッカーでも、どのような競技であっても、基礎練習は絶対に欠かせない重要なものです。こつこつと基礎練習を積み重ね、努力を続けた者だけが上達できるのです。

実際に札を払ったり、手の高さや軌道を考えたりと、いろいろな工夫を凝らしながら、毎日毎日何度でも素振りを繰り返しましょう。数日で効果が現れるものではありませんが、一年・二年と続けるうちに、間違いなく素早い動作が身につきますので、根気よく続けることが大切です。